コピー・ペースト・削除の順番を間違えると大変

PC操作で知らなかったことの事例です

ある方が自分のデジカメのデータをPCに移動していた時、「あれっ?ファイル消しちゃったかも…」

やってしまった操作はこうだ。
1.SDカード内の多数のファイルを選択してコピー
2.コピーしたSDカード内のファイルを削除
3.PC内のフォルダ内でペースト
この順番でやってしまうと「元のファイルがありません」と出る。

コピーした時点でPCまたはメモリにコピーされるイメージなのだが実際はファイル名とサムネイルくらいしか記憶されていない。ペーストするまでは元のファイルしか存在しない
(wordとかのテキストの場合はコピーした時点でメモリーに入るみたいだからコピーする対象全体の容量や他の条件も関係するかもしれません)

SDカードのファイルを消すとごみ箱に入らないし、大事なデータでしたがデータ復旧ソフトですべて通り戻せました。

私はまさか沢山のファイルをコピペで移動するとは想像もしなかったが聞いたところによると他にもそうするよという人が。パソコン操作って結構人によって癖があるものなんですね

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


会社案内

有限会社アラクト
横浜市中区日ノ出町1-36 アクロスビル3F
TEL:045-231-4004
FAX:045-231-4028

お電話ください

お客様が電話していただくことでコストダウンになっています

RSS アラクトBlog

RSS ヨコハマ経済新聞

カレンダー

2013年5月
« 3月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る